ギックリ腰警報発令中!!

ここ一週間、ぎっくり腰を訴える方が増えてきました。
ぎっくり腰の方の体を拝見すると、ほとんどの方に腰部の異常を発見することがありませんでした。
むしろ、頭・首・肩などの上半身の異常緊張が顕著に感じられました。

最近は急激に気温が高くなり、そして朝晩の気温差も大きく、体がそういった変化に対応しきれていない感じがします。

すると、体内でも「冷えのぼせ」のような症状になり、温かい部分と冷える部分とに分かれ、温度差が生じやすくなります。
そうなると頭部には熱気が上昇し、のぼせやすくなり、緊張が集まってくるようです。

その体の様子はまるで、車のエンジンを空吹かしして「ウォ~~ン」と唸っているようにもみえます。

治療としては、まずは唸っているエンジンを鎮めていくことが大事だと思います。
そうするためには、特に唸りのひどい頭、首、肩周りの緊張を解くことが重要だと感じます。

上手く力が抜けてくれば、重心が下がり、下半身で体を支えることも可能になってきます。(上半身の強張りが取れなければ、体を上半身で支え続けることになります)

どこまで根こそぎ強張りを取り除けるかが、ぎっくり腰を短期間で治せるかの勝負の分かれ目だと思います。

関連記事

  1. トレーニング論

  2. 筋トレって、必要!?

  3. 下田丈選手のカラダ

  4. 前傾のイスに御用心。

  5. 《足が速くなりたい!》

  6. あまりにも患部を見過ごしていました。

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP