<豪雨災害> 倉敷市出張施術

お盆休みを利用して、先月西日本豪雨の被害にあった倉敷市の避難所にやってきました。

被害状況を報道で知り、治療家として何かできることはないだろうかと思いやってきました。

実際避難されていた方々の多くは、被害の大きかった真備町の方でした。

想像を絶する辛く衝撃的な経験をされてきた方々に対し、一体どんな言葉をかけたらいいのか、正直なところ何も思い浮かばなかったのですが、とにかくやれることを全力でやりました。

私一人の力など、雀の涙、大河の一滴にすぎないと思うのですが、とにかく思いより行動。やらないよりやった方がましだという思いでした。

きっとこの経験は私にとってもプラスになるはずです。

明日は今日よりも規模の大きい避難所になります。
一生懸命頑張りたいと思います。

関連記事

  1. 「横向き」はじめました。

  2. 石が動いた?!

  3. 歯科プレゼンテーション

  4. 症例報告《パーキンソン病》

  5. リウマチの患者さん。

  6. 往診に行ってきました

最近の記事

  1. 施術前と後

    2022.10.3

PAGE TOP