治っていく人の思考パターン

治療後に痛みが8割マシになって、あと2割痛みが残っている状態になったとします。

患者さん「この動作がかなりマシになりました。でもまだこの動作がまだキツいです」

といったように、何ができて何ができないのかがはっきり理解していることがすなわち、自分自身のことを客観視できていることにもつながっていきます。

そういった感覚があると「こういう姿勢をすると痛むけど、この姿勢なら痛まないな」などもわかってくるので、いい状態を持続させることも可能になってきます。

人間誰しも、自分のことが一番わかりにくいものです。
常に俯瞰的な目を持っておきたいものです。

関連記事

  1. ギックリ腰警報発令中!!

  2. 内臓のコリ?!

  3. ピクピクは、改善の証。

  4. 頭の重みと力み。

  5. 柔らかい筋肉をつくる

  6. 腰痛は前から治す?!

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP