本の紹介です。

「ともに泣き、ともに笑う  広陵高校野球部の真髄」中井哲之著

最近発売された本です。

広島・広陵高校といえば、甲子園の常連校で阪神・金本選手や巨人・二岡選手など、数多くのプロ野球選手を輩出した野球の名門であります。

野球が強く、甲子園出場に命をかけているような高校は全国にたくさん存在しています。

逆に人間教育に重きをおいて、野球の実力はもうひとつといった高校もたくさんあります。

野球の実力と、人間教育の両方を両立させている高校というのは、全国にも数少ない存在なのです。

その強さの秘訣が満載の本が発売されました。

自分が高校生だったらぜひ進学したい、自分に息子がいたら、ぜひ進学させたいと思う、広陵高校野球部魅力満載の本です。

野球やスポーツにご興味のある方はぜひご覧になってください!

関連記事

  1. 治療家冥利に尽きますm(_ _)m

  2. 私が感じたモトクロス界の課題①

  3. いかに伸びざるをえない状況を作るか。

  4. 甲子園(^0^)

  5. 失うものの大きさ

  6. 新しい治療法って…

最近の記事

  1. 施術前と後

    2022.10.3

PAGE TOP