低反発、要注意!!

低反発の枕、マットレスなどが売られていますが、私も含め、患者さんもこれで体調を崩されている方がいらっしゃいます。

それはなぜか…

理想は赤ちゃんだと思うのです。
赤ちゃんは寝ている間動き回りますよね。赤ちゃんに限らず小学生でも、朝起きたら頭と足が逆になっていたなんてことがよくあると思うのです。

それだけ寝返りをうつということが健康な証拠で、よく寝たきりの高齢者が寝返りをうてずに褥瘡(じょくそう:床擦れ)になってしまうことがありますが、それぐらい寝ている間も体を頻繁に動かすことが大事なのです。

人間、死が近づくにつれ、動かなくなっていきます。睡眠に限らず積極的に体を動かすことは非常に意味があります。

低反発枕やマットレスの場合、自分の体の形や姿勢にカポッとはまってしまうように窪みができるので、そこから抜け出せずに朝まで同じ姿勢のまま固まってしまうことが多くなってしまいます。

そうなれば当然、筋肉も硬くなりますし、血流も悪くなり、動きたくても動けないストレスも生じてしまうことになります。

私も昔低反発の枕を使って、一発で寝違えを起こした経験があります(笑)

現在使われている方で調子が悪い方は使用を控えられたらと思います。
どちらかというと高反発といわれているものの方がまだ良いと思われます。

関連記事

  1. 重要な3ポイント

  2. 下から上に上がっていくもの

  3. 背中が曲がっていくこと。

  4. 頭を軽くしないと体は伸びない

  5. 頭の重みと力み。

  6. 猫の伸び

最近の記事

PAGE TOP