体の中の空気の入れ替え

部屋の窓を閉めきっていると空気が淀み、停滞しますが、窓を開け空気の入れ替えをすると、新鮮な空気が出入りします。

ヨガではスシュムナーという、脊柱から脳の中心へ通る導管(経路)があるとし、エネルギーはこの導管を上下に流れているとされています。
そしてスシュムナー上にあるエネルギーセンター(制御室、中継地点)がチャクラと呼ばれています。
そのチャクラと呼ばれるポイントは主に7つあるのですが、私が治療をしていますと、そのうちの5つのチャクラのポイントと相似した場所から反応を感じるようになってきました。

そのポイントから伝わってくる硬さや重たさを取り除いていくと、パンパンに張った風船の空気がスーッと抜けていくように緩みだしていきます。
すると同時に、患者さんの深呼吸が始まり、フッと体が軽くなっていきます。

チャクラが「開く」と表現されるように、集まったエネルギーが体内と体外を循環し、体の器官、臓器、内分泌系がどんどん活発化され、肉体と精神に好影響をもたらします。

不健康というのは、肉体も精神も閉ざされた状態ですが、健康というのは、体の中のあらゆるものが留まることなく循環し、巡っているということです。

関連記事

  1. 究極は「寝たら治る」

  2. 肘の痛みのメカニズム

  3. 開脚ストレッチのススメ

  4. 《足が速くなりたい!》

  5. 残念ながら、必ず戻ってしまいます。

  6. ピクピクは、改善の証。

最近の記事

PAGE TOP