勝つためのポイント

1試合の中には、よほど強い相手じゃない限り必ずチャンスとピンチが3回ずつくらいあります。
試合巧者というのは、その3回ずつあるポイントがどこにあるかを理解できていて、その場面がやってきた時に、チーム全体が全神経を集中させてプレーできるチームが勝っていくことができます。
そうなるためには、まずはどこが大事なポイントなのかを把握できなくてはいけません。ただ漠然と試合をこなしているだけではダメですし、やみくもに1試合丸々集中し過ぎることもムダなことで疲れてしまいます。
同じ一球でも、「だいたい」でいっていい場面と、「慎重に」いかないといけない場面があり、「この一球はどっちなのか」を選手がわかってないといけないですし、指導者がそれをきちんと理解していて、選手達に伝えきれていないといけません。
そうなっていくためには、競技をより深く探究していく根気と、どれだけその競技が好きかどうかが左右してくると思います。
寝ても覚めても頭から離れない位でないと、浅はかさから脱することはできないと思います。

関連記事

  1. 自分の評価と他人の評価

  2. なぜ日本の練習時間は長いのか | 為末大・侍オフィシャルサイ…

  3. パラリンピックを拝見して。

  4. 『読売ライフ 9月号』 掲載記事

  5. そこに愛はあるのか

  6. 不安定を自分のものにできるか。

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP