エンジンの空吹かし

肩コリ、力みや強張りなどを訴える患者さんを治療していますと、あたかも体の中にあるエンジンが、「ウォーーーン」とうなる、行き場のない緊張感を体から感じます。

ゼンマイで動くチョロQが、壁にぶつかってモーターがうなっているようのにも似ています。

そういった症状には、まずはエンジンが鎮まるように導かなくてはいけません。
緊張を解くために、神経や血流や呼吸をコントロールしている脳幹がある、頭部、頸部を中心に緩めていきます。

そうすると、徐々に力が抜けていき、空吹かしの状態が収まっていきます。
すると、肩こりなどの緊張や強張りが由来する痛みが緩和されていきます。

症状を抑え込む治療ではなく、どういった状態が体の中で起きているのか、よく観察していくことが重要に感じます。

関連記事

  1. 柔らかい筋肉をつくる

  2. 《腰を伸ばしたいが、腰が伸ばせない…》

  3. 要注意! ノルディック・ウォーキング

  4. ピクピクは、改善の証。

  5. 背中が曲がっていくこと。

  6. 水で角砂糖を溶かすには・・・

最近の記事

PAGE TOP