背中が曲がっていくこと。

地面と平行なぐらい、背中が曲がっている患者さんが来られています。

一般的な治療法では、腰にコルセットを巻いたり、腰や首を仰向けで引っ張る、牽引治療を行うという感じでしょうか。

腰が90度くらい曲がってらっしゃる方は、私の経験上お腹を手術で切られて、臓器を摘出された方が多いように感じます。(女性の方は子宮摘出が多いように感じます)

手術を境に段々と曲がってくる方が多いように感じるのですが、すでに取ってしまったものは仕方ありません。
今後どのようにしていくことが最善の策なのでしょうか。

私は、曲がっていくことも体の中の力み、強張りだと思います。

特に曲がっていく腰にばかり注目しがちですが、たいていの場合首が前に出てきたり、肩をすくめだしたりして、上半身が前にかがんでいくことで、結果腰が曲がってくることが多いように思います。

しかも、体が曲がってきていることを気にするあまり、上体を起こそうと必死になって肩が引き上がってきて、首や頭部が縮こまり、カチコチになっているケースがよくあります。

力みを治療で取り除いていきながら、無理やり行っている姿勢の矯正をやめてもらう必要があります。

あと、骨盤周囲ももちろん注目しなくてはなりません。
とくに子宮が欠損している場合は、骨盤内部が固くなってきています。

いずれにしても、見た目だけにとらわれては正しい処置ができなくなるので、体の中で何が起きているのか的確に感じる必要があると思います。

関連記事

  1. まさにそう!

  2. 柔らかい筋肉をつくる

  3. 浅く座ることの弊害

  4. 治っていく人の思考パターン

  5. 残念ながら、必ず戻ってしまいます。

  6. 寝ている時の「エアコン」危険性大!

最近の記事

PAGE TOP