平和を考える

「警察官がピストルを持たなくてもよくなる」「家の門扉がなくなり、ドアの鍵もせず、隣との垣根をとっぱらいお互いが自由に行き来できる」
平和とは究極こういうことなのではないかと最近感じます。

これを世界レベルまで広げていくと、核兵器の保持であったり、尖閣諸島、竹島、北方領土などの領海領土問題にも繋がっていきます。
本当の意味での平和的解決というのはお互い垣根をなくし、受け入れ、共有し合う覚悟があるかどうかだと思うのです。

関連記事

  1. ロンドンオリンピック情報 女子ホッケー岩尾幸美

  2. 『奇跡のりんご』ご存知ですか?

  3. 「つい差別してしまう13歳」読売新聞 人生案内欄 最相葉月

  4. 「肚(ハラ)に落ちる」。

  5. 『バリバラ』 ご存知ですか?

  6. 肩入れしない。

最近の記事

アーカイブ
PAGE TOP